グランドデュークス東海

オーナー様のお店紹介

 
お店一覧
グランドデュークス東海HP
TOP

炭火焙煎珈琲「桂珈琲舎」

長久手町古戦場近くの閑静な住宅街にあるそのお店。
道路には小さな看板がひとつ。ジャズが流れる店内は、ゆっくりとした時の流れる癒しの空間。
ハンバーグレストランさんの南側、木の塀で囲まれた駐車場が目印です。

今回は香り高い珈琲のお店「桂珈琲舎(かつらこーひーしゃ)」さんをご紹介させていただきます。母娘で仲良く営まれるカフェでオーナーの高嶋さんに伺いました。

炭火焙煎珈琲「桂珈琲舎」

6人掛けのテーブルもありますのでご家族連れでもOKですね。

「屋号の桂珈琲舎の由来は何ですか?」
「カフェを作るにあたってどんな屋号にしようか考えていたころ、工務店の方と店内のカウンターとして使う木材を見に行った場所で一枚板を見つけ、一目惚れしてしまったんです。手触りは温かだし、優しい感じの木材で、その木の名前が【桂】だったんですね。それからは庭にも【桂】を植えることになり、名前も決まりました。なんだかこの板が私を呼んでいたのでしょうか(笑)。」

「屋号も、店の雰囲気も優しい感じがありますが、桂の木の持つ優しさだったんですね。ご出身は岐阜の郡上ということでしたが、この地を選ばれたことには何か縁があったのでしょうか?」
「以前は郡上の白鳥に住んでいました。いつかカフェを開きたくて、地元の知り合いでもある【みのばんば】さんという珈琲専門店でコーヒーの淹れ方や接客を教わりました。時間を忘れてしまうようなお店 なんですよ。そして2005年「愛・地球博(万博)」が開かれるのを期に長久手に引っ越してきたんです。万博にいかれる方の憩いの場になればと古戦場近くにお店を開店しました。」

炭火焙煎珈琲「桂珈琲舎」

この店の看板、桂の木のカウンターです。

「何度かコーヒーをいただいていますが、ホント飲みやすくて美味しいですよね。そこにも【みのばんば】さん譲りのこだわりがあるのでしょうか?」
「そうですね。まずコーヒーの命でもある豆は、神戸にある萩原珈琲さんから取り寄せさせていただいています。そのコーヒーを一杯ずつペーパードリップでお出ししてます。シーガルフォーのお水が素直でコーヒーをより引き立ててくれますね。席数は18席ですがくつろいでいただきたいです。」

この萩原珈琲さんの炭火焙煎の珈琲豆は、神戸では知らない人はいない、あの「茜屋珈琲店」が開店時より使用されています。

「ケーキの評判も聞きますが、コレにも何か?」
「ありがとうございます。ケーキも季節に合わせ3〜4種類お出ししております。夏季はムースやレアチーズケーキなど冷たいケーキ、冬季は濃厚なニューヨークチーズケーキやグランマルニエ・ショコラなどに人気がありお勧めしています。旬の果物や野菜を使ったケーキもありますよ。」

炭火焙煎珈琲「桂珈琲舎」

「当店でごゆっくり、おくつろぎ下さい」私たちがお待ちしております

コーヒーの種類もブレンド・ストレートと合わせ10種類ほどありますが、中でもブレンド1(\430)がお勧めです。もちろんコーヒー以外のドリンクもあります。午前中は 11:30までモーニングサービス(トースト・サラダ・ゼリー)をされておりますので、午後にお越しの際はケーキセット(\800)を召し上がってみては?私がいただいた『りんごのケーキ』は、さっくりとしたバターケーキの生地に甘酸っぱいりんごが付け合せの生クリームとマッチしさわやかな甘さのケーキでした。店内に流れるジャズはお兄様が選曲され、よりゆっくりと時間を感じさせます。何かと気ぜわしいこの時期、日常から離れ、香り高いコーヒーと甘さをおさえたケーキでくつろぎの空間を楽しんでみてはいかがですか?

炭火焙煎珈琲「桂珈琲舎」

愛知県愛知郡長久手町山越1107
TEL:0561-62-3761
営業時間:8:30〜18:00(モーニングサービス 8:30〜11:30)
定休日:火曜日、第4水曜日 ※祝日は営業しますが翌日休みになります。(夏期・冬期休業有り)
駐車場:3台あり